日本人の歯に対する原状は?歯医者で行う予防歯科の特徴

女性

日本の原状

歯を大切にすることで、年を取っても自分の歯で食べ物を食べることが出来ます。またそれだけでなく、言葉の発音や生活の質まで向上します。しかし、日本の高齢者は世界に比べると健康な歯が少ないといえます。歯医者で歯の治療をする場合、虫歯の歯だけではなく、周りの歯も傷つけてしまいます。なので、虫歯などが発生する前に茨木の病院で予防歯科を行う必要があります。

予防歯科のメリット

最近は歯の治療だけでなく、インプラントなどの治療も大阪市では進んでいます。定期的に歯医者に通うと費用がかかると思われがちですが、症状が出てから治療を行うより、費用を抑えられることが分かっています。なので、定期的に歯医者に通うことと、家でのケアが大切になります。予防歯科は三ヶ月に一度ほどのペースが良いと言われているので。自分に合った歯医者を探して通院しましょう。

家で簡単に歯のケアをする方法

  • 乾いた歯ブラシで磨く
  • 歯の消しゴムを使う
  • フロスで毎日手入れをする
  • オキシドールで磨く
  • ココナッツオイルで磨く

歯医者に行く前に歯磨きを!

歯医者に通うことだけでなく、家で簡単にケアをする方法を紹介しました。ケアを忘れずに行うことで、綺麗で強い歯を作ることができます。歯磨きをする目安は食後30分後と言われています。また、歯医者に行く前にもしっかり歯磨きをしていきましょう。

初めて歯医者に行く人の疑問を解決!

歯医者に行く際には何が必要ですか?

基本的に必要なものは保険証のみです。痛み止めなどで処方箋を出す場合もあるので、お薬手帳も持っていると重宝します。また、歯医者用のマイ歯ブラシを持っておくことで、毎回歯ブラシを買う必要が無くなります。

予防歯科とはどんなことをしますか?

予防歯科はフッ素の塗布や予防填塞を歯科衛生士が行います。また歯磨きの指導なども行い、歯の病気にならない強い歯を作る為に、長期的に口腔内の管理をおこないます。歯や口腔内で気になることがあれば、相談することが出来ます。

突然歯が痛くなったら?

歯が痛くなったら、神経まで虫歯がたどり着いた証拠になります。早めに治療を開始しなければ抜歯をしなければいけなくなるので、最寄りの歯医者に連絡をしましょう。状態を伝え予約が取れなければ紹介をしてもらう必要があります。

レーザー治療はどういった事をしますか?

レーザー治療は、ハードレーザー・ソフトレーザーの二種類です。歯や骨などの固い組織にはハードレーザー、歯茎や顎関節などの柔らかい組織にはソフトレーザーを利用します。レーザーを照射することで、歯茎の腫れや痛みを抑えることが出来ます。

子どもと一緒に治療はできますか?

歯医者の中には小児歯科も行っている医院が多くあるので、一緒に治療を受けることができます。また、川崎区や練馬区の歯医者の中には親御さんが治療をしている間、子供を遊ばしておくことも出来るので安心して治療を受けることができます。

広告募集中