治療によって異なる歯医者にかかる費用とは?

症状によっての施術方法

歯医者は症状に合わせて、治療方法があります。その方法は一つの症状でも様々あり、予算を確認して患者自身で選択することができます。施術方法によっても、医者の得意不得意があるので、歯医者を選ぶ際にはしっかり確認しておくことが大切です。

歯医者選びで気をつけることランキング

no.1

規模で決める

規模の大きい歯医者や人気のある歯医者を選ぶことが最も注意が必要です。規模の大きい病院は、人が多いことから患者が集まっていることがあります。また、人気のある病院だからといって通ってしまうと、アクセスが悪かったり、予約が取りづらく、通い続けることが出来なくなるので気を付けましょう。

no.2

口コミを信じる

口コミを見て病院選びをする人は多くいると思います。口コミは実際は病院のスタッフや広告会社が書いている可能性があるので、二番目に注意する必要があります。口コミの情報は鵜呑みにせず一つの情報源として確認しましょう。

no.3

家の近くの病院を選ぶ

歯医者を選ぶ際には、家から近いことを理由で選ぶ人が多くいます。しかし、最近はコンビニよりも歯医者の件数が多いので、家からの近さだけを理由に歯医者を選んでしまうと、失敗してしまうことがあるので、口コミに続いて注意する必要があります。

no.4

友達のオススメで決める

友達などのオススメの情報は、口コミより信憑性の高い情報ですが、治療内容とは関係ないことが多いので気を付けましょう。医院の雰囲気・待ち時間・スタッフの対応などは参考に出来ますが、友達のオススメ情報も鵜呑みにはしないようにしましょう。

no.5

治療の速さで決める

治療の完治の速さを売りにしている歯医者を選ぶと、再治療する必要がでる可能性があるので気を付けましょう。治療は症状が重ければ重いほど時間が掛かります。しっかり治療計画と立ててくれる歯医者を選びましょう。

治療によって異なる歯医者にかかる費用とは?

男性

治療費3割負担の保険診療

歯医者に掛かる費用は、基本的には保険が適応されるので、患者は3割負担でどこの医院でも変わりません。その保険が適応される治療を保険診療といいます。殆どの治療は保険範囲内で出来ます。歯を治療するだけで、歯の美しさにはこだわりがないという場合には、保険診療での治療をオススメします。医療費の変わらない保険診療の治療内容で、その医院の腕を確認することができます。

全額負担の自由診療

保険診療以外の治療は、保険が適応しない自由保険です。治療費を医院側が決めることが出来るので、医院によって費用が大きくことなります。自由診療の治療は基本的に審美の治療です。歯の見た目を綺麗にするホワイトニングやインプラントなどの治療が自由診療の対象です。審美の治療でも、川崎区では安価で出来る治療があるので確認してみましょう。

保険診療で出来る審美治療

しかし、審美の治療でも保険が適応する場合があります。目立ってしまう上下左右の12本の歯は白い被せ物を、保険診療で受けることが出来ます。理由は、前歯に銀を入れてしまうと目立ってしまうからです。保険診療の治療で使われる被せ物は、安いもので3年程しか持ちませんが、予算がない人にはオススメです。その他に、審美の治療で保険が適応する治療を確認してみましょう。

広告募集中